猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

この人の歌声になりたい

日記1681日目

 

こんにちは、りおんです。

これまでたくさんのアーティストの曲を聴いてきたと思いますが、以前僕が「女性になったらこの人の歌声になりたい」と思っていた人がいます。

それは「愛内里菜」さん。

名探偵コナンのオープニング曲「恋はスリル、ショック、サスペンス」でおなじみのあの人です。コナン君は何でも知っている。彼女の曲はデビュー曲から聴いていたのですが、なんとも歌声がどストライクなのです。伸びのある高音を表現できるかと思えば、低音も力強くて、音域が広いのかなーと素人ながらに思っていました。

しかし、最初の頃はその見た目から「ギャルやん……」と思っていたのも事実。そう、金髪で化粧もバッチリで、完全にギャルだったのです。しゃべってみるとちょっと天然系(?)というところもあって、面白い人だなと思っていました。

恋はスリル、ショック、サスペンス」ももちろんよく聴いていましたが、ガツンときたのは6枚目のシングルの「Run up」。ドハマりすぎて一時期聴きすぎなくらい聴いていました。「Run up」が収録された「POWER OF WORDS」というアルバムは、擦り切れそうな勢いで聴いていました。

昨日車の中で「Deep Freeze」を久しぶりに聴いたのですが、やはりあのカッコよさは色あせなかったです。これはほんとにカッコいい曲なので、みなさまぜひ。

そんな愛内里菜さん、2010年に病気で歌手活動を引退されました。その前年に出たベストアルバムは買いました。それがあるので今も車で聴けるのです。最近また少しずつ活動を再開されたようで、たまーにテレビに出ていることもありました。

みなさまも、この人の歌声になりたいというような歌手、いますでしょうか。

ではでは、また明日。