猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

デジタルデトックスで生活改善

日記1666日目

 

こんにちは、りおんです。

おお、気がついたら1666日目ですね。軽いゾロ目。だからといって何もないのですが。2000日まではまだまだ長い……。

さてさて。

先日、いつもよく読ませていただいているなろう作家さんが、「デジタルデトックスをやってみた」とTwitterで話していました。

デジタルデトックス。それが何者かというところですが、詳しいページにはこんな説明が書いてありました。

デジタルデトックスとは、一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置くことでストレスを軽減し、現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカスする取り組みです。

DIGITAL DETOX JAPANより

なるほど、スマホやパソコンなど、デジタル機器がこれだけ普及したからこそ生まれた言葉なのでしょうね。

デジタルデトックスの効果は、気持ちがスッキリする、睡眠の質がよくなる、想像力が高まる、目の疲れがとれるなどなど、本当にいいことのオンパレード。これはいいものではないかと、ますます興味が湧いてきました。

「デジタルデバイス+インターネットは依存度が非常に高い組み合わせのメディアです」とも書いてありました。たしかにそうですよね、僕もかなり依存していると思います。昔と違ってテレビを見る時にも手元でスマホタブレットを見ていたりすることが多いのです。仕事や趣味でパソコンを扱う時間も長いです。

なろう作家さんは、小説執筆のお休み日を作るついでに、デジタルデトックスをやってみたと話していました。たしかに小説執筆も紙に書かない限り何かデジタル機器を使っていることになります。僕もこれまで気が向いた時に好きなだけ小説を書いてきましたが、休みの日を入れてもいいなと思いました。

デジタル機器とうまくお付き合いすることで、体調を整えていきたいところですね。

ではでは、また明日。