猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

テンキーをこれにしたい

日記1661日目

 

こんにちは、りおんです。

ちょっとほしいと思ってしまいました。

omocoro.jp

そう、コンビニのATMみたいなテンキー。

なんだろう、ATMのテンキーって字も見やすいし、なにより押した時の感覚がずば抜けていいんですよね……ずっと押していたい……あ、迷惑になるからダメか。

そんなATMのテンキーを、自作した人がいました。

「現代人の一日はスイッチを押すことに終始している」と言っても過言ではないのかも……とおっしゃっているように、たしかにスイッチって多いよなぁと思いました。リモコンのボタンなども入れるとめちゃくちゃあると思う。

ATMのテンキーってなぜあんなに押しやすいのかと思っていたら、「静電容量無接点方式」のキーが使われているとか。これは高級キーボードに使われている部品ですね。僕が愛用しているHHKBもこれです。

なるほど、だからあんなに押し心地がいいのか……と思っていたら、「静電容量無接点方式」のキーボードを自作するのはなにやら難しいとのことで、より一般的な「メカニカル方式」で作られたそうです。

出来上がりを見ると、おお、本当にATMのテンキーっぽい! 想像以上にそれっぽくて驚きました。「万」「千」「円」も再現していて、すごいです。

こういう電子工作してみたいなーと思うのですが、道具もないし技術もないので、人がこうやって作っているのをすごいなぁと眺めるだけにしておきたいと思います。

ではでは、また明日。