猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

黒く光るあいつとこんにちは

日記1659日目

 

14歳仲間のぷらーなさんがカラス……いやゴキブリ……あ、Gと言わないと「キエェェェー!!」と発狂してしまう人もいるかもしれませんね、そんなライフハック(?)記事をあげていて、ふと思い出したことがあります。

その昔、実家で暮らしていた時のこと。以前も実家について話したことがあるのですが、実家の家は当時かなり古く、築30年、40年は経っているのではないかと思う平屋でした。

トイレは和式だし、最初はシャワーもなかったし、洗面所もないという不思議な家でした。そんな感じの実家、古いので虫が出ることがよくあって。特に多かったのがハネアリ。掃除機で吸い込んだりティッシュでとったりと、まぁなんだかんだしてました。

そんな家なので、もちろんGも出てくることがあり……僕はGがあまり得意ではなく、いや得意な人っているのかと思うのですが、ペットとして飼っている人もいるはずなので、得意な人もいるのでしょう。

ある日、歯を磨いていると、左肩の付近に何かが落ちてきたのが見えました。ん? と思って見てみると、左肩を登るGの姿が……苦手な方すみません。本当なんです。

ぎゃーーー!! という声を上げて母に泣きついたのが懐かしいです。当時小学校4年生くらいでしたね。その後そのGは逃げたらしくてよく分かりません。

けっこう見れば耐性がつくと思わせて、Gだけはどうしても慣れません。幸い今の家ではほとんど出て来なくて、8年住んで見たのは2回くらいなのでありがたいです。まぁ、今出ると猫たちにおもちゃにされそうですが……。

そんな実家をふと思い出したのでした。その古い実家はもう取り壊されて、今は駐車場になっているみたいです。今でも夢に実家が出てくる時は、その古い平屋なんだよなぁ。まぁ幼稚園~22歳くらいまで住んだので仕方ないのかも。

ではでは、また明日。