猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

忙しさに磨きがかかる

日記1636日目

 

こんにちは、りおんです。

ううむ、ここまで忙しくなるとは思いませんでした。

ここのところ忙しさに磨きがかかっていて(磨きとは)、小説の続きが全然書けないのです。

夕方くらいにはへとへとになって、夜は少しだけモンハンをしたらそれでお腹がいっぱい。執筆時間としてとっていた朝も、最近はお薬の飲み方を変えたおかげかぐっすりと寝てしまって、早く起きるということがなくなりました。

実は、この日記もかなりピンチなのです。毎日朝起きたら、「今日は何の日記にしようかなぁ」と考える日々。ストックはなく、もちろん下書きもゼロの状態で毎日うんうんと唸っています。

まぁ、本来「日記」というものは毎日その日に書くものだと思うので、今の姿が正しいのかもしれません。でもこれから母や妻の入院が控えているので、さらに忙しくなることを考えると、せめて日記のほうは少し話題を見つけておかないといけないなと思いました。

そんなこともありながら、先日数か月ぶりにFacebookを眺めていたら、従妹夫婦が自宅の庭にピザ窯を作っていました。

なんか、海外の家にありそうな本格的なやつです。お、おお……とびっくりというよりちょっと引いてしまったとか。まぁ一軒家みたいなので庭があれば作ることはできるでしょう。普通の人は作ろうと思わないかもしれないけど。

Facebookはほぼリアルの知人ばかりなので、見ることが少なくなりました。こうしてSNS離れが進んでいくのか。いつかnoteやブログも見なくなる日が来るのかな。

それはいいとして、なんとか小説の続きを書いていきたいところです。カクヨムでの連載は毎日続いているので、じわじわとこちらに近づいてきました。このペースだとあと一か月くらいで追いつかれそうだな。

日記も小説も、これからもよろしくお願いします。

ではでは、また明日。