猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

突然の訃報

日記1631日目

 

こんにちは、りおんです。

大阪に住む母方の伯母が亡くなったと、昨日母から聞きました。

昨日の朝、母から電話があって、何か深刻そうな声をしていたのでどうしたのかと思ったら、7日に伯母が亡くなったと連絡があったとのことで。突然のことすぎて母も少し混乱していたようです。

伯母は今年80歳で、子どもがおらず伯父と二人暮らしをしていました。子どもがいないという点でうちと同じなので、僕たちも歳をとったら伯父と伯母のような暮らしになるのかなーと、ぼんやりと考えていたところがあります。

住んでいるのが大阪なので福岡からは遠く、会うのも数年に一度という感じでした。最後に会ったのはいつだったかなと思い出してみると、たぶん祖母の七回忌なのでもう5年くらい前なのではないかと。

このご時世なので新型のアレなのかということが頭をよぎりましたが、まだ亡くなった詳しいことが分からないので、母が伯父に訊いてみると言っていました。

伯母といえば思い出すのが、僕が19歳の頃。勉強が嫌になりすぎてぶらぶらとバイトをしながら過ごしていた時、「大阪に遊びに来ない?」と言ってくれたのが伯母でした。初めて一人で新幹線に乗って、伯父と伯母のところまで行きました。大阪で食べたお好み焼きが美味しかったなぁ。

看護師のいとこが言っていたのですが、人間いつどうなるか分からないと。いつも元気で病気なんて何もないよという人であっても、新型のアレもあるし何の病気になってもおかしくありませんね。

母やいとこは入院が終わってから大阪に行くと言っていましたが、僕はたぶん行けないだろうなぁと。妻の入院もあるし自分自身もちょっと遠くへ行くのはやめておきたいところ。まぁ仕方ないです。

みなさまも健康には十分気をつけてください。

ではでは、また明日。