猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

初めてのトラックボールマウスのその後のその後

日記1608日目

 

以前、トラックボールマウスを購入したと日記に書いたことがありました。

三週間くらい使ってみて一度感想を書いたことがありましたが、今回は四か月くらい使ってみての感想です。

最初はやはり親指でマウスカーソルを操作するというのが少し難しく、狙ったところへ動かすのも一苦労だったのですが、今では逆に普通のマウスでの操作に違和感を感じてしまいます。人間の慣れってすごい。

もちろん普通のマウスを扱う機会もあって、その度にマウス自体を動かさないといけないことや、時にはマウスを持ち上げないといけないのが面倒だなーと感じるようになってしまいました。あとマウスを動かすためのスペースが必要なのも面倒です。人間の慣れ以下略。

手首への負担は元々普通のマウスでもそんなに感じていなかったので、よく分かりません。まぁでも親指を動かすのがメインなので、手首には優しいのでしょう。普通のマウスを使っているのを見ると分かるのですが、けっこう手首を動かしています。

iPadでも使うかなーと思って期待していたのですが、今のところほとんどiPadで使うことはありません。iPadはやっぱり指でやっちゃうんですよね。まぁiPadをPCっぽく使いたいと思った時にはマウスは便利なので、使えるのはありがたいものです。

マウスのスピードを調整することで、やりにくかったドラッグ操作もだいぶできるようになってきました。まぁこれは咄嗟の時はやはり普通のマウスの方ができると思うのですが、それでも最初の頃に比べるとマシになりました。

トラックボールの方がいい」「いや普通のマウスの方がいい」というのは、人それぞれなので言えないでしょう。ただ、人間慣れればどっちでもいけるというのが分かりました。

ということで、これからもまだまだ使っていきたいと思います。

ではでは、また明日。