猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

面白いゲームというのは楽しい気持ちにさせてくれる

日記1591日目

 

こんにちは、りおんです。

今日のnoteのヘッダー画像はこれ。クエストクリアを選んでいたらアオアシラくんに後ろからぶっ飛ばされた時の一コマ。

先月30日に発売された、モンスターハンターライズ・サンブレイクを、僕もちゃんと買うことができました。

と言っても買ったのは前日で、ギリギリまでSwitch版にするかSteam版にするか悩んでいました。うーん、どっちかにしたいんだけど、どちらもそれぞれいいところがあるから迷うな……という感じで。

あれこれ迷った結果、Switch版にしました。理由はこちらの方が進んでいたということ。まぁそれでもだいぶ熱は冷めてしまっていたので、最後にSwitchでプレイしたのはお正月くらい。その後Steam版をかってそちらをやっていましたが、それも長くは続きませんでした。

まぁ、今回のサンブレイクも買ったはいいものの、そんなに楽しめないのではないかという不安もありました。ゲーム自体は面白いはずですが、僕の気持ちの問題というか。

でも、そういえば小説の方も一区切りついたし、今ならまたやれるのではないかと思いました。

で、事前ダウンロードも無事に終えて、30日の夜に久々にやるかーと思ってやってみたら……

お、面白いじゃねぇか(単純)。

ダイミョウザザミという懐かしいモンスターのクエストから始まり、おお、新しいモーションやなとか、操作方法意外と覚えているもんやなとか、結局ハマっている自分がいました。

モンハンもPSPの2ndからずーっと欠かすことなく楽しんでいますが、時代は変わっても面白いんやなと。

モンハンは操作方法がだんだん複雑になってきて、心は14歳でも身体はオッサンの自分はなかなかついていくのが大変ではありますが、面白いゲームというのはやはりプレイしていて楽しいものだと改めて思いました。

みなさまもお気に入りのゲームがあると思います。最近離れていても、またいっちょやってみっかくらいの気持ちでプレイすると、けっこうハマるかもしれませんね。

ではでは、また明日。