猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

目には力がある

日記1574日目

 

こんにちは、りおんです。

また下書きがゼロになり、日記のネタがなくなってしまいました。そう、ワタクシは今、日記に何を書こうかかなり迷っているのです!(大きな声で言われてもなぁ)

こういう時ってどんな記事を見てもピンと来なかったりするんですよね。うーんと考えていたその時、そういえば先日、目を描く練習をしていたなと思い出しました。

こんな感じ。書いている通り、普段は左のような描き方をしていました。ただいつもこれだと面白くないなと思って、目の描き方を調べて描いたのが右です。

僕は目はキャラクターの表情が決まる大事な部分だと思っています。なので線画を描く時は一番最初で、色を塗る時は一番最後にしています。色を塗る順番は肌→髪→服→目をいう順番になっています。

こうして見てみると、左はわりとシンプルで、右はちょっと凝っているように見えますね。たぶん必ずこれと決めるのではなく、描きたいキャラクターによって柔軟に変えることが大事なのではないかと思いました。

左の目で描いてきた小説の登場人物イラストも、だいぶ埋まってきました。あと数人いるのですがみんな男の子なんだよな……女の子の方が描いていて楽しいのですよ(ひどい)。男の子はどうしても髪型がワンパターンになっちゃうんだよな。まぁそのうちまた描いていると思います。

ではでは、また明日。