猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

好きをとるか、とらないか

日記1572日目

 

こんにちは、りおんです。

今日の日記はちょっと暗い内容かもしれません。気分が落ち込んでいる方はどうぞここで別のページに行かれることをおすすめします。

 

 

 

 

というのも、普段日記ではあまり書かないようにしている「仕事」について、うーんと考え込んでしまいました。

好きなことを仕事にするのがいいのか、好きなことと仕事はやっぱり切り分けて仕事は仕事だとする方がいいのか。

たぶん正解は人によって違うんだろうなぁと思います。好きなことだから頑張れるというのも分かるし、好きなことが嫌いになるのが嫌で仕事にはしたくないというのも分かります。

僕は前職で頑張り過ぎて、ちょっと病気になってしまいました。もう当時のことは思い出せないことも多いのですが、病院に通わないといけない身体になってしまったのは事実です。

前職は最初はちょっとだけ好きなことの延長みたいな感じで応募して採用されたところでした。仕事自体は悪くなかったし、やりがいみたいなものもありました。ただ、忙しすぎて体調を崩すことになってしまいました。

そのことは恨んでいるとか、そういう感情はありません。あの時は自分なりに頑張っていた結果だし、そういうこともあると受け止めています。

今は好きなこととは離れたことをしていますが、そんな仕事のことをぼーっと考えていたら、よく分からなくなってしまいました。おまけに動悸がして、ゲームも小説も楽しめないようになった気がします。これはいけない。

僕の弱点が、「嫌な記憶を覚えすぎている」ところにあります。人に怒鳴られたとか、ちょっとヒヤッとする運転する人に出会ったとか、小さいことから大きなことまで、よく思い出されてしまうのです。仕事でも嫌なことは当然ありました。その時の記憶がよみがえって動悸に繋がってしまったのでしょう。

うーん、このままではダメだなと思いながら、これを書いています。ちょっと一呼吸、お休みを入れるのがよさそうです。そしてまたゆっくりと浮上してから、好きなことを楽しめばいいのではないかと思います。

すみません、なんだかどよーんとした空気の日記になってしまいました。明日は全然違う話題でいきたいと思います。

ではでは、また明日。