猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

一度気になったら止まらなくなった

日記1557日目

 

こんにちは、りおんです。

また日記の下書きがゼロになってしまいました……うーん、書ける時はたくさん書けるのに、急に書けなくなる時があって困ります。「日記なんだから毎日その場で書けよ!」と思ったそこのあなた、正解です(何が)。

なるべく毎日書くようにしていますが、気分が乗らなかったり、どうしても書けなかったり、色々な理由で「今日は無理だぁー!」という日があるんですよね。そういう時に下書きにネタを少しでも書いていると便利なのです。

さてさて、日記と小説をここnoteでアップするようになって随分経ちます。今年の7月には小説も1周年を迎えるということで、一人で盛大にお祝いしたいと思います。ケーキ買って、ローソク立てて(そこまでか)。この勢いでいくとたぶん7月もまだ終わってないと思うので……いやすげー長いな。

日記と同じく時間がある時に書いている小説ですが、ここに来て「三点リーダー」が一つだとだんだんと気持ち悪くなってきました……そう、こんな感じで二つ使う方がしっくりくるようになったのです。

人が使っているのを読む時は一つでもそんなに気にならないのです。ただ、自分が使う時は「どうしよう…」と一つだけだと「短っ!!」と思うようになってしまいました…どうですか? 短くないですか…?

どこかの偉い人が、三点リーダーは二つ使うと言っているのを見て以来、小説ではずっとそれを守ってきました。後にいつもお世話になっている海町祈里さんから、「単独で使う場合は四つ使う」とも聞きました。

「…………」
「おい、なんか言えよ」
「……分かったよ」

こんな感じ? どちらにせよ、やっぱり一つでは使わないみたいなんですよね。

うーん、小説を書いてきて「どうしよう……」と二つ使うのが当たり前になって、それが普段の文章でも気になってしまうとは思いませんでした。Twitterなどでも気がついたら二つ使っています。

まぁ、一つだろうが二つだろうが、自由にやればいいじゃないと思われそうです。本当にその通り。僕はこれから二つの道を歩むことになりそうです……(二つの道とは)。

むかーしむかし会社の上司に、「かっこをつける時は句読点を後ろに持っていく」と教わって以来、それも守っています(こんな感じ)。まだまだ知らないことがたくさんあるんだろうなぁ。国語嫌いだったからなぁ。

そんなどうでもいいことが気になりました。

ではでは、また明日。