猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

お薬生活は続いているけど、落ち着いています

日記1524日目

 

二日分と言うことで、こちらが今日の日記。

こんにちは、りおんです。

我が家の猫・こまちの体調が落ち着いてきました。

あれから検査をしてもらったところ、やはり膀胱炎ということで、お薬生活が始まりました。ただこのお薬、こまちは本当に飲んでくれない子で……ご飯に混ぜてもプイっと見向きもせず、お薬をご飯で包んであげるという補助ご飯があるのでそれを試してみたのですが、そちらもいつものご飯と違うので食べてくれず……。

仕方がないので、妻がガシッと捕まえて、僕が口を強引に開けて押し込むという戦法しかありません。これがなかなか難しい。口に入れてもペッと吐き出すこともあります。でも続けているとだいぶ慣れてきて、スッと飲んでくれるようになりました。よかったよかった。

膀胱炎はストレスもあるみたいなので、なるべくストレスがかからないように、いつもと違うようなことは控えていました。まぁ、控えるといっても特別なことをしなければ普通の生活なんですけどね。唯一ストレスかなと思うのが掃除機だったりします。あの掃除機の音はうちの猫たちみんな大嫌いなので。

おしっこがちょっと薄いということで、改めて検査も行ってもらいました。その結果、こまちは13歳にしては健康だということで……特に悪いところは見当たらないとのことです。その結果を聞いた時、「本当にこまちの結果なのかな?」と夫婦で疑ってしまいました。本当にごめん。

まぁ、人間のご飯は絶対に食べないし、腎臓サポートのご飯も食べているし、健康であるならばそれはそれでいいことだと思うようにしました。あちこち悪いよりはいいよなと。

どちらかというと真ん中のひなたの方が、どうも鼻が悪いみたいだし、ご飯を吐いてしまうこともあったりして、こいつの方が体調悪いのでは……と思うことがあります。それでも元気と言えば元気なので気にしていません。一番下のてんちゃんは食欲旺盛すぎて、ちょっとダイエットさせるべきなのかなと思っています。

みんな健康で過ごしてもらえればそれでいいです。

ではでは、また明日。