猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

トラックボールマウスのその後とは

日記1508日目

 

以前、PCのマウスをトラックボールマウスに変えたと日記に書きました。

rion96194.hatenablog.com

あれから三週間くらい、毎日のように使ってみて、感じたことなどをお伝えしていきたいと思います。

 

マウスのための場所が少なくていい
トラックボールマウスは場所が固定され、マウス自体を動かすことはないので、本当に省スペースです。マウスパッドもいらないし、机が木だろうがガラスだろうが、場所を選ばないのもいいですね。

操作は使っていると慣れる
元々普通のマウスを使っていたので、急に親指でカーソルを動かすとか本当に慣れるのかなと心配だったのですが、使っているうちに慣れました。マウスのスピードも調整することで、本当に使いやすいものになりました。

ただしドラッグ操作はやっぱり苦手
細かい動作というのはやっぱり苦手です。特にドラッグ操作。僕は自作アプリで毎日連続投稿のスクリーンショットを撮っているのですが、矩形選択のためにドラッグが必要で、最初は本当に苦労しました。マウスのスピードを変えてからだいぶ楽になりましたが、やはり細かい動作は難しいのかもしれません。なので、自作アプリを改良して連続投稿のお知らせの大きさを指定してあげようかなとも思ったのですが、noteの仕様変更があったらめんどくさいなぁと思ってやめています。まぁ仕方がないのです。

手が疲れにくい気がする
手首をほとんど動かすことがなく、指先だけで全てが完結するので、手が疲れにくいのではないかと思います。まぁ、普通のマウスを使っていた頃から僕はそこまで手や肩が疲れるなと感じたことはないので、人によるのかもしれません。でも動かさなくていいというのは大きい。少し斜めになっているので、手も自然とマウスにフィットします。

何かあった時のために普通のマウスも置いているが、ほぼ使っていない
より細かい動作を求められる時のために、今まで使っていたM560も奥に置いているのですが、ほぼ使うことはありません。机の上ではこんな感じに置かれています。

f:id:rion96194:20220411070722j:plain

もうM560は右クリックも効きにくいし、しまってもいいかも。
今のところ、トラックボールマウスにしてよかったなと思っています。まだあまりiPadで使うことがないので、これからiPadでも使うようにしようかなと。くるくるとボールを回すのも楽しいので、気になる方はぜひ使ってみるのをおすすめします。