猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

いい読書タイムを見つけた

日記1496日目

 

以前、こんな日記を書いていました。

 

rion96194.hatenablog.com

読書タイム。一日数十分でいいから読書しようよというもの。

あれからしばらく夜に本を読んでいたのですが、決まった時間ではなく、読まない日もあったりして、これはどうにか時間を決められないかと思いました。

寝る前がいいのかもしれませんが、眠いのが勝ってしまうのでイマイチ集中できないな……と思っていたその時、ポンとひらめきました。

我が家は夕飯を食べて片づけをした後、すぐにお風呂の準備をします。10年以上その暮らしなので、実家にいた時にお風呂にいつ入っていたか忘れてしまいました。そう、そのお風呂のお湯がたまっている時間を本読みの時間にすればいいのではないかと。

これまではお風呂のお湯がたまっている時間は、テレビを見たりパソコンを見たりスマホを見たりと、特に決まりはありませんでした。でもお湯がたまる15分~20分の時間、なにかできないかと思ったところに先日の読書タイム。「これだ!」と思いました。

まだ始めて数日なので、大きな変化は感じられませんが、だらだらと読むよりも集中できているような気がします。気のせいかもしれないけど、いいのです。時間の有効活用とはこのことかと。

ネットにたくさんある小説でもいいのですが、まずは紙の本にしてみようと思い、手に取ったのがこれです。

https://www.amazon.co.jp/dp/4344424549


有川浩さんの「空飛ぶ広報室」。ドラマもありましたね。新垣結衣さん、綾野剛さんが出ていました。

元戦闘機パイロットとテレビディレクターという素人目には接点がなさそうな感じもする二人が、航空自衛隊の広報室を舞台に活躍するお話。ドラマは全部見ました。本が出たのは2012年とのことで、もう10年も前なのですね。元々は小説投稿サイト「エブリスタ」で連載されていたとは知りませんでした。

という感じで、しばらくお風呂前の時間を読書タイムにしてみたいと思います。さてどうなることやら。