猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

未来の書道はこんな感じが主流になるかもしれない

日記1490日目

 

久しぶりの書道記事! と思わせておいて、今回はちょっと違う視点でお送りします。

というのも、書道は書道でも、書道アプリなのです。

今回ご紹介するのは、こちらの「Zen brush」です。

Zen Brush 2

Zen Brush 2

  • PSOFT
  • エンターテインメント
  • ¥370

apps.apple.com

Zen Brush 3

Zen Brush 3

  • PSOFT
  • グラフィック/デザイン
  • ¥610

apps.apple.com


1はもう売ってないのかな? 見つかりませんでした。iOSアプリです。Androidには1が売ってあるのを見かけました。2や3があるのかは分かりません。

今のところ3まで出ていますが、3の評価がイマイチで僕は購入していません。1と2を持っています。

いくつか書道っぽいアプリを使ってきましたが、これが一番「らしい」ものだと思います。手軽に書けて、筆がバッチリ表現されます。

f:id:rion96194:20220324074006p:plain

画面はこんな感じ。けっこうシンプルです。かすれ、標準、にじみの三種類から筆のタイプを選ぶことができます。3だったら色がたくさん選べると聞いたのですが、2だと黒と朱の2色です。

右下のごみ箱をタップすると全部消えるのですが、これがぽわわーんと水面のような表現でいいなと思います(表現力のなさよ)。本当は動画を貼り付けたかったのですが、gif動画を貼り付けようとするといつまで経っても応答がないのでやめました。Vimeoに動画をアップしたのでそちらを見ていただけるとありがたいです。

https://vimeo.com/manage/videos/687362515


書いてみると分かるのですが、筆のようなワイヤーフレームが表示されます。強くタップするとそれだけ太くなります。

有料なので人を選んでしまうかもしれませんが、筆のタッチを味わうには一番いいアプリだと思います。というか本当にすごい時代ですね、こんなに簡単に書道を味わえるなんて。もしよかったら使ってみてください。