猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

刺激を受けるのは大事なこと

日記1428日目

 

久しぶりにびびっときた書道家さんがいました。

suzukiai.com

 

デザイン書道家鈴木愛さんです。

デザイン書道は普通の書道とはちょっとだけ違って、型にとらわれない自由な発想で自由に書くというイメージです。その名の通りデザイン性が高く見た目でも楽しめるものだと思います。

鈴木さんの作品を拝見すると、自由な筆さばきの中に光るものがあって、いいなぁこういう作品を自分も書いてみたいなぁという気持ちになりました。何事も誰かの作品に刺激を受けることってありますよね。

相変わらず筆を持たない日々を過ごしていたのですが、久しぶりに筆で何かを書いてみてもいいなと思いました。筆とか固まりすぎていないだろうか。もう長いこと使っていないので、買い替えないといけないかもしれません。

小学校一年生で習字を習い始め、それから自分の書道に昇華させながらこれまで歩んできました。自分にまだまだ足りないのは型にとらわれない自由な発想だと思っています。今年はそのあたりも突き詰めていけたらいいなと思います。

そういえば昔、某販売サイトで出品者同士のコメントが出来ていた頃、高額な書道作品があって、そのコメント欄で「そのクオリティでその値段では売れませんよ」というコメントを見た時は怖くなりました。世の中には言わなくていいことを平気で言ってしまう人がいるのだなぁと。

自分の作品に値段をつけるのってとても難しいことです。人にあれこれ言われてどうにかするものでもないと思います。今はコメントができないのでそういう余計な一言を見ることはなくなりましたが、なんともモヤモヤした出来事でした。

また筆を持つ日が近いのかもしれません。