猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

住み分けは大事だと考える

日記1291日目

 

日記を書くようになって、3年と6か月くらいが経ちます。毎日欠かさずテキストか、一時期はつぶやきでもOKにしていた時期もありました。ごくたまに動画や音声を流してみたり。もうほとんどすることはなくなりましたが。

 

もちろん、一人でノートに書く日記とは違って、ネットの海の中に流しているものなので、誰かに読んでほしい気持ちはあります。ですが、この日記をTwitterなどで拡散したことは一度もないと思います。

 

Twitterなどでつぶやけば、読んでくれる人は増えると思います。でもあまりそれはやりたくない。なぜかというと、TwitterTwitter、noteはnoteと、住み分けたいという気持ちがあるからです。

 

例えば僕がやっている「丁寧な字講座」などはお役立ち記事のため、Twitterなどで拡散することはあります。でも日記は日記らしく、noteを見てくれる人限定にしたいという気持ちがあります。最近ははてなブログの方でもこの日記のバックアップをとっているので、そちらでも読むことはできますが、やっぱり基本はここnoteということで。

 

同じように、今連載中の小説もあまりTwitterには流していません。こちらは僕の脳内が見える創作物のため、Twitterのフォロワーの中にはちょっと読んでほしくないなと思う人もいるからです。あ、日記も同じかもしれない。やっぱりそれぞれの世界での住み分けは重要だと考えるようです。

 

それぞれの世界といえば、最近Instagramを見ることがなくなってしまいました……今あまり創作活動をする気分にならないからだなぁ。仕方ないです。また何か書きたくなったら更新する……かもしれません。