猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

なんでも使いすぎるといいことはない

日記1279日目

 

文章でなんとなくやりがちなことが書いてありました。

 

www.njg.co.jp

 

ここで紹介されている単純接続の「が」を、僕もけっこう気にしています。ついつい使っちゃうんですよね、日記でも小説でも。文章をつなげるときに便利で。でもよく考えると文章的にはおかしい(たぶん)。なので書く時には気をつけています。「の」はたしかに文章が幼稚に見えるので、こちらも気をつけているところ。

 

ただ、文章って字を書くのと一緒で、その人のクセが出てくるもので、しかもなかなか抜けないんですよね……。今連載している小説も50話、1話2000文字くらい書いているとして、だいたい10万文字くらい書いてきたことになります。おお、こうして数を出してみると、けっこう書いたなぁ。そんな小説でも気をつけてはいますが、どこかで簡単に使っているかもしれないです。

 

そんな小説についてですが、カクヨムで以前連載していた作品を削除しました。レビューももらっていたのに申し訳ないです。続きはいつか書くかもしれないけど、いつになるか分からないし、もう更新する気もあまりないなと感じたので、削除しました。文章自体はPCに残っているのでいいのです。

 

小説家になろうでも、今noteで連載中の「笑われても、君が好き。」を出しました。ただ、出したのはいいものの、やっぱり更新する気力が湧かないというか、そんな感じで更新が止まっています。削除しようかなと思ったのですが、システム的に削除はあまりしないでくださいと書いてあったので、こちらは残しています。あ、noteでの更新はやめるつもりはないので、ご安心ください。いつでも好きな時に読んでもらって、そっとスキやコメントを残してくれるととても嬉しいです。スキ爆撃大歓迎です。

 

そんな今日の日記の中にもいくつか「が」が出てきましたね……。僕の文章ってその他にも「けど」とか「ただ」とか「でも」を多用している気がします。文章ってほんと難しい。でも書くことは好きなので、日記も小説もやめるつもりはありません。明日も明後日も、なんなら過去のものも、気軽に読んでもらえると嬉しいです。

 

……ここまで書いておいて、3年前にも同じような話をしていることに気がつきました。ま、まぁ、ネタ被りは今に始まったことではないので……。

 

note.com