猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

コメントを頑張る男がここに

日記1265日目

 

noteの内容がメインになってしまいましたが、すみません時間がないのでこのままこちらでも同じ内容で行きます。

 

先日、いいねやスキはいいものだと日記に書きました。

 

そう、やっぱりいいものです。noteのスキに関してはこんなお知らせもいただきました。

 

f:id:rion96194:20210811090531j:plain

「あなたのスキでnoteも成長しています」とのこと。いやー照れるなー(鵜呑みにしやすい男)。毎日noteを眺めて、色んな人の記事を見てはスキを押す自分がいます。

 

ですが、それだけもちょっと寂しいなと感じた僕は、最近コメントやリプライも頑張ってつけるようにしています。まぁ、全部につけることはさすがにできないのですが、いいなと思ったり話したいことがあるとコメントをしているという感じです。Twitterのリプライも頑張っています。あまりつけすぎると逆にうざいので、適度に。

 

いいねやスキも嬉しいものですが、やっぱり文章を考えて、残してくれるということはとても嬉しいものです。僕もコメントをもらえたら天井に飛び上がるくらい嬉しいものです(頭打つよ)。みんなそうなのではないかと思って今日も記事やツイートを見に行きます。

 

そういえば何度も言っていますが、noteを辞めてしまった人のコメントがなくなるのはやっぱり寂しいなと思うのです。仕組み上仕方がないのですが、その人に対してのお返事だけが残るのも後から見返すと寂しい気持ちになります。「メンバーがいません」でもいいから、残らないかなーと思います。