猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

アカウントを別に持ったほうがよかったのか?

日記1249日目

 

今、日記と小説をだいたい1日1つずつ出しているわけですが、なんとなく小説をアップするアカウントを別に作ればよかったか? と思いました。

 

これまでは日記がメインだったので、1か月で30記事くらいでした。それが今月はこれを書いている時点でもう48記事……。そりゃ1日2つ出していれば増えてくるのは当然なわけですし、おすし。

 

でも、よーーく考えると、複数アカウントを運営することがどうも苦手なワタクシ。Twitterも実は2つアカウントを持っているのですが、もうひとつは全然使っていなくて、たまに存在を思い出しては投稿……しません(しないのかい)。昔ゲーム用アカウントも持っていましたが、全然手が回らず挫折しました。Instagram複数アカウントが作りやすいのでなんと4つもあるのですが、こちらはどれも中途半端で、メインで使っている淙博アカウントも3月から投稿していません。Instagramはあまり見ていないのがバレバレです。

 

なので、noteでもうひとつ小説用アカウントを作ったとしても、逆に放置プレイになることがあるかもしれません。これはよくない。せっかくのnoteのサーバーを無駄に圧迫してはいけません。運営さんからも「君は何がしたいの?」と言われかねません。やっぱりこのりおんアカウント一本でやった方がいいのかなと。

 

ただ、日記と小説がこう交互にあると、「どちらかしか興味ないよ!」という方には申し訳ないなぁと思うわけです。日記は気になるけど小説はどうでもいいとか、その逆とか、究極はお前に興味がない……って人はそもそもフォローしませんね。そんな感じで、統一できてないなぁとも思います。

 

そんな小説ですが、まだまだ続くと思います。少しずつ書くペースが落ちてきたので、毎日更新しているとそのうち追いつくかもしれませんが、出せるうちは毎日更新でいきます。「勢いに任せて」であってもせっかく一生懸命書いたので、早く公開したいという気持ちがありますが、落ち着け自分……と言い聞かせながら、1日1つ。短い時はたまに2つ。団吉くんと沢井さんの今後にご期待ください。

 

 

まぁ、どちらも無理せず自分のペースで続けることができればいいのかなと思います。