猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

それでも僕はnoteでまわっていく

日記1226日目

 

noteのことを書いてしまったけど、こちらにそのまま載せてしまおうという悪い奴です。

ちょっと忙しいからね、仕方ない。

 

----------

 

下書きが全部なくなったところで、ふと思うことがあります。

 

「このまま、noteで日記更新していていいのかなぁ」と。

 

note(というかcakes)がたまに炎上しているのを横目で見ながら、こんなところにいていいのだろうかという気持ちになります。最近は炎上していない……はずなのでご安心を。知らないところで燃えているかもしれませんが。

 

2018年にスタートしたこの日記も、1200日以上続けることができました。途中で一旦やめる宣言をして、その後つぶやきでもOKという期間があったものの、やっぱりつぶやきじゃなくてテキストで残したいという気持ちから、今の形に落ち着いています。

 

これからも続けるつもりではいますが、「別にnoteじゃなくてもいいのではないか?」という気持ちがあるのも事実。バックアップをとっているはてなブログの方でも続きを書いていくことはできます。でも、そんな時に思い浮かぶのは、いつも読んでくださるみなさまのことです。

 

沢山の方に読んでいただいて、スキやコメントをいただいているのに、別のところに移ってしまったら「みなさまの優しさを無視してしまうのではないか?」という気持ちになります。

 

きっと、noteだからこそ、ここまで読んでもらえるような気がするのです。

 

この日記は他人のためではなく自分のために書いているので、周りの人を気にし始めたらダメなのかもしれませんが、やっぱり読んでくださるみなさまを無視することはできない、という思いで今日もつらつらと書いています。

 

昔、ホームページに日記を書いていた時代を思い出しました。たくさんの人が読んでくれていたわけではなく、それでも掲示板に一つでも感想がつくと嬉しかったことを覚えています。

 

今後noteやcakesが大炎上して、「やっぱりこんな運営の下で日記は書けない」という日が来るかもしれませんが、何かが起きるまではここで続けて行こうかなと、これを書きながら思いました。

 

まだまだnoteでやりたいこともあるので、これからもひっそりと読みに来てもらえると嬉しいです。