猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

宇宙について想像してみる

日記1216日目

 

またも変な夢を見ました……なんと嵐の5人が出てくる夢。でもどうやら僕が5人のうち1人と随時入れ替わっているような感じ。中野区でダンスの練習をしていたのですが、なぜかマルキョウという九州のスーパーに5人が買い物に行くという不思議な光景でした。

 

いや、今日は夢の話をしたいのではなくて、宇宙のお話。

 

最近追加されたWindows10のニュースを見ていたら、宇宙についての記事がありました。

 

www.msn.com

 

宇宙……果てしなくて壮大で、とてもロマンあふれる場所ですよね。多くの人が行ったことのない場所なので、こうやって写真などで見ることしかできません。それがロマンを生み出すのかもしれません。

 

水金地火木……と覚えたのもけっこう昔の話。FF8でいきなり宇宙に飛んでびっくりしたのもけっこう昔の話。知らないけど知っている、そんな場所である宇宙。

 

そのうち太陽が大きくなって、この地球もなくなってしまうという話もどこかで聞いたことがあります。それは何年後の話なのか、そもそも本当に太陽は大きくなるのかなど、分からないこともたくさんありますが、今こうやって日記を書いている最中も誰かが研究しているのでしょう。

 

地球がなくなったら、その時人類はどうするのか。いや、そもそもその時までに人類は生きているのか。考え出すとスケールが大きすぎて分からなくなります。何億年と先の話だろうから、人類はいないかもしれませんね。

 

この地球も温暖化などでどんどん環境が変わっています。海面上昇でなくなってしまう国もあるかもしれないとか。あ、ちょっと現代的な話になりました。そうなってしまったら人はどんな行動をするのでしょうか。

 

宇宙とか地球とか考える前に、まず自分は休みの日の引きこもりから脱却することから始めてみようか。あ、さらに現代的な話になりました。運動のためにも外に出ないとなぁ。