猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

気になっていた本

日記1057日目

 

昨日の日記、以前の日記を読んでみたら「書いてること変わらないやんけ……」となりました。よく読んでいない証拠ですね。すみません。ほぼ同じようなネタでよく日記を書こうと思ったものだ……。

 

さて。

 

ずっとAmazonほしい物リストに入れていて、いつ買おうか迷っていた本をついに買いました。

 

f:id:rion96194:20210115093727j:plain

それがこちら。

 

あの又吉先生の「新・四字熟語」です。

 

又吉さんが考えたオリジナルの四字熟語が、田中象雨さんの字とともに載っています。田中象雨さんを存じ上げなくてネットで色々調べました。サイトがあったのでそちらもご紹介。

 

www.38tanaka.com

 

本に載っている書は、「これ本当に同じ人が書いてるのか?」と思うくらい色々な書体、顔があります。読んでいると「もっと自分も頑張ろう」という気持ちになりました。

 

この「オリジナルの四字熟語」というもの、実はこの本を知る前に僕もやってみようと思って考えていたことがあります。結局書いたのはひとつだけでしたが。

 

f:id:rion96194:20210115093954j:plain

それがこれ。

 

「雨夜雪変」(うよせつへん)。雨は夜更け過ぎに雪へと変わること。暖かければ雨、寒くなれば雪。物事には順序があるということ。

 

こんな感じのオリジナル四字熟語を10個ほど考えていたのですが、なぜか書として書き上げたのはこれ一個だったという……。やる気があまりなかったようです。もったいないので考えたもの全部書いてみようかなという気持ちになりました。

 

又吉さんとかぶらないように、本も少しずつ読んでいきたいと思います。