猫と墨のあいだに

書道・ゲーム・その他についてあれやこれやと語ります

ずっと覚えていたけど

日記1679日目

 

こんにちは、りおんです。

ぷらーなさんのところで懐かしいワードを見たので、今日はそのことについて話してみたいと思います。

それは、「紫の鏡」。

僕の記憶だけで話すと、この紫の鏡というのは、聞いて20歳まで覚えておくと死んでしまうという、ある種の都市伝説というか怖い話というか、そんなものでした。

その紫の鏡を僕は小学校6年生の頃に友達から聞いて知り、「マジかよー、嘘だろー」みたいな適当な返事をしたと思います。しかし頭の片隅にずーっと残っていて、そのまま年月は流れ……なんと20歳までしっかりと覚えていたのです。

ビビりというか慎重派というか、こういうどうでもいいことを覚えておきやすい性格は小さい頃から変わらないようです。まぁそれで嫌な思いもけっこうしてきたわけですが。それで20歳になった僕は、死ぬことなく今も生き続けています。そりゃそうか。

これを書いていて、ノストラダムスの大予言をふと思い出しました。1999年7の月でしたっけ、人類が滅亡するというあれ。あれもけっこう覚えていたというか、当時話題になったのでこちらは忘れようとしても難しいところはあったでしょう。

そういう都市伝説や怖い話をけっこう覚えてしまう自分もなんだかなぁと思いながら……おかしいな自分は心は14歳のはずなんだけどな。まぁお酒もタバコもOKな特殊な14歳なので、まぁそんなこともあるよねということにしておきましょう(なんだそのまとめは)。

ではでは、また明日。

モンスターたちと一緒に冒険したあの日々

日記1678日目

 

こんにちは、りおんです。

ちょっと最初の挨拶を変えてみようかなという気分になりつつ、やっぱり思いつかないなと冷静になれた自分がいます。まぁ何か思いついたら変えてるかも?

さて、昨日はドラゴンクエスト5のお誕生日だったようです。

おお、もう30年も経つのか。当時小学校4年生。僕の記憶にもしっかりと残っています。

そういえばこのドラクエ5、うちの母が僕の従兄の誕生日にということで、買ってあげていたのを覚えています。従兄の誕生日は10月なので、約1か月後に買っていたのですね。

なぜ僕は買ってもらえなかったかというと、当時スーパーファミコンを持っていなかったから。従兄の家に行って一緒に遊ぶことが多かったです。

そんなドラクエ5、ストーリーがこれまで以上に深く、引き込まれるものがありました。シリーズを通してみても主人公がかなりかわいそうな人生を送ることになるのですが……まぁ3も目の前でお父さんが死んじゃうし、4もいきなり村が壊滅してしまうという悲劇はありましたが。

ドラクエ5といえば、やはり結婚。ビアンカかフローラ、世の中のみんなが悩んだ選択だったと思います。これまでのことを考えればビアンカにいくのが普通なのか、いやフローラも突然の出会いとはいえ可愛らしいところもある。従兄は迷うことなくフローラを選んでいました。理由は「髪が青くて子どもたちがカッコいいから」。まぁ小学生男子の考えそうなことです。

母がドラクエ5を買った時、大きな下敷きがついてきて、僕はそれをもらいました。イラストはドラクエ5のパッケージ絵が描かれていて、主人公とビアンカとキラーパンサーと何かの鳥モンスターが描かれていたアレ。僕はそれを見ながら模写をしました。当時絵を描くことが好きだったので。さすがに残っていませんが、そのことはハッキリと覚えています。

その後DSでドラクエ5が出た時には、すぐに買いました。なんとDS版ではデボラというフローラの姉がいて、結婚の時に割り込んでくるという、またプレイヤーを悩ませる要素が。僕はぼうけんのしょ3つをビアンカ、フローラ、デボラ、それぞれと結婚するようにしました。こうした人は多いのではないでしょうか。

久しぶりにドラクエ5をやろうかなという気持ちに。今ならスマホ版が割引になっているようです。まぁDS版があるから僕は買うことはないと思いますが、たまにはあの頃を思い出しながらのんびりとRPGをプレイするのもいいのかなと思います。

ではでは、また明日。

暗い日記とミニコントローラー

日記1677日目

 

こんにちは、りおんです。

ここのところ、日記が暗いというか、なんだか前向きじゃないなーというような内容ばかりでした。「うーん、暗い!」といくつか日記を見直してみて思いました。本当に申し訳ないです。

まぁ、僕もAIじゃなくて人間なので、たまには暗い話や面白くない話をしたいときもあるのかも……でも、なるべくここでは楽しい話をしていきたいところです。

日記も5年目になると「あれ? これどっかで読んだ内容だな?」ということが増えてくると思います。自分でもそう思う時があるので。そんな時はふふふっと笑ってあたたかく見守ってもらえると嬉しいです。

話はガラッと変わって、先日誕生日だった妻にプレゼントをしました。

それは、初音ミクDIVA用ミニコントローラー。

元々公式のボタンコントローラーがあったのですが、そちらは生産終了しているみたいで、今はかなりの高額になっています。さすがにこれは買えないなぁ……と思っていたところ、たまたま検索で見つけたのがミニコントローラーでした。

こんな感じ。手は妻のものです。女性の手でもこのくらいのサイズ感。△□×○のボタンにタッチスライダーという指を当ててなぞる部分があります。

僕も触らせてもらいましたが、操作感は悪くなくて、けっこうしっかりしているみたいです。ただ、今まで普通のコントローラーでプレイしていたため、独立した物理ボタンというのはちょっと難しいです。特にタッチスライダーを触った後にボタンを押すと混乱することが。

それでも、アーケードと同じ感じでプレイできるのは大きいと思います。アーケードはこの並びですからね。音が大きいかなと思ったのですが、うちの猫たちも特に気にしてなかったので、まぁよかったかなと思います。

妻も喜んでいたので、よかったです。これでパーフェクトをとる日は来るのかな……。

ではでは、また明日。